神奈川、埼玉、千葉、栃木で住宅リフォームなら

株式会社アールウィル

【柏店】 千葉県柏市若柴178-4
     柏の葉キャンパス148街区2ショップ&オフィス棟6階
【仙台店】仙台市若林区若林6-5-9-101 【市原店】千葉県市原市五井東2-14-9-204
【桶川店】埼玉県桶川市五町台30-4    
【足利店】栃木県足利市西砂原後町1168-5
【厚木店】神奈川県厚木市旭町1-21-12三紫ビル3D

受付時間
8時から18時まで
休業日
日曜日

ご予約・お問合せはこちらへ

0120-517-910

塗料

塗料はと、物体の表面を着色、または保護する目的で使用される        建築材料の一つです。                           建築物の外壁や屋根、または内装や家具などの表面処理など          多様な場面で使用され、その種類も多岐にわたります。

塗料の構成要素

塗料は、いくつかの要素で構成されており、                 各要素の材料の組み合わせによって多様な種類の塗料が出来上がります。

 

  塗料

   ・塗膜形成要素 主要素:最終的に塗膜を形成する要素                        樹脂類(主に合成樹脂)、油類など

               塗料によっては、内部に浸透し、                      塗膜を形成しないものもある。                       例として、オイルステインなど

 

           副要素:塗膜に機能を付加するための添加剤                     防カビ剤や可塑剤、乾燥剤など

 

           顔料:塗膜に着色をするための成分                        白色なら二酸化チタン、赤色なら鉛丹など                  その色をだすために特定の化合物を用いる。

 

   ・塗膜副要素  最終的には揮発して、塗膜としては残らない要素               塗料の粘度を下げて塗りやすくする目的で用いられる。            水や有機溶剤シンナー)を用いる。

 

塗料の中でも顔料の含まれる有色塗料は一般的にエナメルと呼ばれ、      顔料を含まない透明塗料をクリヤーと呼びます。               また、顔料とは水や油に不溶な着色材料の総称として用いられ、        水や油に可溶なものは染料と呼ばれます。              

合成樹脂塗料

現在使用されている塗料の多くは合成樹脂を用いた塗料です。         その合成樹脂を有機溶剤、または水に溶かし、顔料や添加物を加えて      塗料となります。                             主な合成樹脂塗料の主成分となる合成樹脂は以下のような種類があります。

 ・アクリル樹脂       ・メラミン樹脂

 ・シリコン樹脂       ・フェノール樹脂

 ・フッ素樹脂        ・アルキド樹脂

 ・ウレタン樹脂       ・ポリエステル樹脂

 ・エポキシ樹脂       ・塩化ビニル樹脂

 ・アクリルシリコン樹脂

 ・アクリルウレタン樹脂 

 

これらの合成樹脂を主成分とする塗料は、樹脂を溶かす溶媒によって、     弱溶剤系塗料(ターペン可溶)、強溶剤系塗料、               水性塗料(水溶性樹脂塗料、水性エマルション塗料)などに分類できます。

目的別による分類

塗料は、主に着色を目的としていますが、着色以外にも壁面の保護や      金属面の酸化防止などの役割を担っており、目的別に種々の塗料があります。

 

主な塗料として以下のような種類があります。

 ・エナメル

   原料によって細かい分類がありますが、                   一般的に顔料を含む塗料を総称してエナメルと呼びます。           エナメルを使用する目的としては、着色をすることです。           物質面の保護も兼ねていますが、全体を塗料で覆うことで           外観を美しく保ちます。

 

 ・クリヤー

   顔料を含まない透明な塗料を総称してクリヤーと呼びます。          使用目的としては、物質面の保護、または塗膜面の保護です。         外壁の場合は、サイディングボードやコンクリート面を            その壁面が見える形で保護することができます。               また、エナメル塗装後の塗膜面に塗ることで、                壁面、および塗膜面を両方保護し、その外観を美しく保ちます。

 

 ・遮熱塗料(高日射反射率塗料)

   主に屋根用塗料として使用され、太陽からくる電磁波を反射し、        物質自体の温度上昇を防ぐ目的で使用されます。               屋根自体が高温にならないことによって、                  室内の温度が上がらないようになっています。

 

 ・防錆塗料

   主に金属面の塗装に使用される塗料で、錆を防ぐ目的で使用されます。     酸素、水と金属面との接触を遮断し、さらにインヒビター(防錆剤)を     使用することによって錆、および腐食を防止します。 

 

その他の例としては、防カビ塗料、防音塗料、防火塗料などがあります。

お問い合わせ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-517-910

実際にお客様のご自宅、現場を見ながらの直接の相談見積りの提示などはすべて無料です。ご契約成立まで一切お金は発生いたしません。

お手数ですがお電話の際には        「ホームページから」とお伝えいただければ 大変ありがたいです。

 

受付時間:8時から18時まで

休業日:日曜日