神奈川、埼玉、千葉、栃木で住宅リフォームなら

株式会社アールウィル

【柏店】 千葉県柏市若柴178-4
     柏の葉キャンパス148街区2ショップ&オフィス棟6階
【仙台店】仙台市若林区若林6-5-9-101 【市原店】千葉県市原市五井東2-14-9-204
【桶川店】埼玉県桶川市五町台30-4    
【足利店】栃木県足利市西砂原後町1168-5
【厚木店】神奈川県厚木市旭町1-21-12三紫ビル3D

受付時間
8時から18時まで
休業日
日曜日

ご予約・お問合せはこちらへ

0120-517-910

合成樹脂

合成樹脂は、人工的に合成された高分子化合物のことです。          最初に合成されたものが樹脂に似た構造、性質だったため合成樹脂と呼ばれます。塗料や工業製品など、多くのものに使用されています。

このページの目次

 特徴

 分類

 用途

特徴

合成樹脂には数多くの種類があり、ある樹脂に固有の特徴もありますが、    多くの合成樹脂に共通の一般的な特徴もあります。 

例えば次のような特徴です。

  ・可塑性、熱可塑性を持つ                           (可塑性は力を加え変形させ、力を除くと元に戻らない性質           熱可塑性は熱を加えると可塑性を持つ性質)           

  ・絶縁性(電気を通しずらい)

  ・耐水、耐油性(水や油に強い)

  ・耐腐食性(腐食(微生物などによる分解)がしづらい)

  ・耐薬品性(薬品に対して強い)

  ・ほかの材料に比べて軽量である

  ・熱に対しては比較的弱い

 

このような特徴は一般的な特徴ですが、使用目的によって上記の特徴を持たない 合成樹脂も開発され、使用されています。

分類

合成樹脂は熱に対しての性質から次の2つに分類ができます。

 

 ・熱可塑性樹脂

   熱を加えると軟化し、可塑性を持つ性質の合成樹脂です。           常温では弾性を持ち、加熱すると可塑性を持つようになり、          冷却することで元の弾性を持った状態に戻ります。              加熱することで目的の形にしやすくし、型などに入れて冷却、成形します。   短時間で成形ができ、生産性が高く、また靭性に優れています。

     例  アクリル樹脂

        フッ素樹脂

        ABS樹脂

        ポリエチレンテレフタラート

        ポリ塩化ビニル  など

 

 ・熱硬化性樹脂

   上記の熱可塑性樹脂とは反対に、熱によって硬化する性質の合成樹脂です。   加熱することで硬化し、その後は軟化することがありません。         また、硬化したあとの合成樹脂は溶媒に溶けることがありません。       そのため、熱可塑性樹脂は加熱を繰り返すことで何度も成形をやり直す     ことができますが、熱硬化性樹脂の場合は通常1回のみになります。      耐熱性があり、溶剤に強いことが特徴で、焼き付け塗料や家具の表面処理    などに使用されます。

     例  フェノール樹脂

        メラミン樹脂

        エポキシ樹脂

        ユリア樹脂  など

用途

いまや合成樹脂は日常生活のあらゆる場所で使用されています。        家具や家電、機械類などの日用生活品や                   キッチン、トイレ、バスルームなどの生活に欠かせない空間にも使われています。

 

用途として、屋根や外壁などの外装用塗料(アクリル樹脂、シリコン樹脂、   フッ素樹脂、ウレタン樹脂など)や                     内装用、家具、家電用の塗料や接着剤(メラミン樹脂、フェノール樹脂、    ユリア樹脂、ABS樹脂など)などで使用されます。

 

また、人工大理石人造大理石の材料にも用いられ、             その用途は多岐にわたります。

お問い合わせ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-517-910

実際にお客様のご自宅、現場を見ながらの直接の相談見積りの提示などはすべて無料です。ご契約成立まで一切お金は発生いたしません。

お手数ですがお電話の際には        「ホームページから」とお伝えいただければ 大変ありがたいです。

 

受付時間:8時から18時まで

休業日:日曜日