神奈川、埼玉、千葉、栃木で住宅リフォームなら

株式会社アールウィル

【柏店】 千葉県柏市若柴178ー4
     柏の葉キャンパス148街区2ショップ&オフィス棟6階

【仙台店】仙台市若林区若林6-5-9-101

【市原店】千葉県市原市五井東2-14-9-204

【桶川店】埼玉県桶川市五町台30-4 

【厚木店】神奈川県厚木市旭町1‐21-12三紫ビル3D

【足利店】栃木県足利市西砂原後町1168-5

受付時間
8時から18時まで
休業日
日曜日

ご予約・お問合せはこちらへ

0120-517-910

ジンカリウム鋼板

ジンカリウム鋼板

ジンカリウム鋼板は鋼板の上にメッキを施したものですが、          そのメッキの成分はガルバリウム鋼板とほぼ一緒のものです。         (ガルバリウムのメッキ  アルミニウム 55 %、亜鉛 43.4 %、ケイ素 1.6 %   ジンカリウムのメッキ  アルミニウム 55 %、亜鉛 43.5 %、ケイ素 1.5 % )

 

ガルバリウムとの違いは表面に粒上の石(石粒(せきりゅう))が       付着していることです。

そのため、ジンカリウムは自然石粒仕上げや天然石粒付き、          またはストーンチップと呼ばれることもあります。

ただし、石粒の付着したガルバリウム鋼板として販売されている製品もあります。ですが、一般的に石粒の付着した鋼板をジンカリウムと呼ぶことが多いです。

 

見た目として裏面をみると鋼板になっており、金属屋根だとわかりますが、   表面では一見、金属屋根だとはわからない仕上がりになっています。

ガルバリウムとの違いと特徴

メッキ成分はガルバリウムとジンカリウムでほぼ同じですが、         ジンカリウムの表面の石粒によって機能に違いがでます。

 

ガルバリウムは雨音がほかの屋根材と比べて大きくなってしまい、       気になる場合は別に防音対策が必要になります。

ジンカリウムの場合は石粒が雨音を吸収し、遮音性の効果もあります。

 

表面の自然石粒は釉薬で色付けされたもので、色あせがなく、         塗装の必要がありません。

 

欠点としては表面の石粒が取れて落ちてしまうことで、            雨どいの中に石粒がたまってしまうこともあります。

また、ジンカリウムは石粒が断熱の機能をになっており、断熱材がありません。 ガルバリウムの場合は断熱材と一体となった製品があります。

 

メンテナンスの頻度やしやすさ、遮音性はジンカリウムのほうが優れています。

葺き替え

屋根の構造として、野地とよばれる下地材の上から              防水シート(ルーフィング)を重ね、その上に屋根材がのっかっています。

 

屋根材自体の問題で防水シート、野地板にまで劣化が進行してしまった場合は、 防水シートの張替えや野地板からの張替えが必要になります。

 

一般的に、ジンカリウム鋼板の寿命は 30 ~ 50 年とされており、       寿命が過ぎ、劣化が進行したものは葺き替えがおすすめです。

お問い合わせ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-517-910

実際にお客様のご自宅、現場を見ながらの直接の相談見積りの提示などはすべて無料です。ご契約成立まで一切お金は発生いたしません。

お手数ですがお電話の際には        「ホームページから」とお伝えいただければ 大変ありがたいです。

 

受付時間:8時から18時まで

休業日:日曜日