神奈川、埼玉、千葉、栃木で住宅リフォームなら

株式会社アールウィル

【柏店】 千葉県柏市若柴178-4
     柏の葉キャンパス148街区2ショップ&オフィス棟6階
【仙台店】仙台市若林区若林6-5-9-101 【市原店】千葉県市原市五井東2-14-9-204
【桶川店】埼玉県桶川市五町台30-4    
【足利店】栃木県足利市西砂原後町1168-5
【厚木店】神奈川県厚木市旭町1-21-12三紫ビル3D

受付時間
8時から18時まで
休業日
日曜日

ご予約・お問合せはこちらへ

0120-517-910

コロニアル(化粧スレート、スレート瓦)

コロニアル

コロニアルという名称は、本来はケイミューという会社の商品名です。     しかし、今ではスレート屋根の代名詞として一般に広がっています。

その他の名称として、化粧スレート、スレート瓦、              またはカラーベストなどと呼ばれます。

 

主な材料として、セメントと繊維質のものを組み合わせて作られており、    屋根材の中でも軽量な建材です。                      

 

コロニアルの材料として、平成13年以前のものには             石綿(アスベスト)が含まれていましたが、その有害性が問題となり      平成16年に使用禁止となりました。

なので、現在のコロニアルにはアスベストは含まれていませんが、       建物の年代によっては含まれている場合があり、               廃棄処分費が高額になることがあります。

 

アスベストは飛散し、吸い込んでしまった場合に健康被害が起きるため、    屋根として利用されているときよりも、                   リフォーム時の撤去作業で注意が必要になります。

コロニアルの劣化現象

コロニアルは新築時の屋根材としては特に安価な材料であり、         普及率もかなり高い屋根材です。 

屋根材として軽量であり、施工のしやすさもあります。

 

しかし、コロニアルの厚みは約 5 mm と薄いため、割れが非常に起きやすく  リフォーム時には表面をシーリング材での補修が必要になります。

表面はほこりや砂などの汚れが付着しやすく、水分がたまってしまうと     コケやカビが発生しやすくなります。

特に屋根の北の面はコケが生えやすくなってしまいます。           コケなどの汚れは高圧洗浄機で洗い、乾燥して塗装することが必要です。

 

また、コロニアルは材料としてセメントが用いられていますが、        セメントには防水性がないため、塗装によって防水機能を補うことが必要です。

コロニアルの塗装

コロニアルは新築時にも塗装をおこないますが、               その後も、およそ10年に1回のサイクルでの塗装が望ましく         定期的に塗装をすることで屋根材自体の寿命を延ばすことができます。

 

塗装の目的として、美観性の向上も目的の1つですが、            防水機能の再生というのも大きな目的になります。

コロニアルには防水性がないため、塗装によって防水機能を補いますが、    紫外線などにより塗膜が劣化してくると、コロニアルに直接水が触れてしまい、 水を吸収すると気温などにより膨張、収縮してしまいます。

コロニアルに直接水が触れないために定期的な塗装が必要です。

 

また、塗料には遮熱塗料があり、屋根からの熱をさえぎり、          室温がおよそ3度低下する効果があるとされています。

 

屋根材には水を逃がし、通気性を確保するための隙間が必要ですが、      塗装の際にはその隙間を塗料で埋めてしまうことになります。

そこで、縁切りという隙間を確保するための作業が必要になります。      この作業をしないと水分がたまってしまい、雨漏りなどの原因となります。

雨漏りがした場合、この屋根の縁切りがされていない場合があります。

葺き替え・重ね葺き

屋根の構造として、野地とよばれる下地材の上から              防水シート(ルーフィング)を重ね、その上に屋根材がのっかっています。

 

前におこなった塗装工事や屋根材自体の問題で防水シート、野地板にまで    劣化が進行してしまった場合は、防水シートの張替えや            野地板からの張替えが必要になります。

 

屋根の葺き替えの際には、コロニアル以外の屋根材への葺き替えもできますが、 軽量で安価であるため、コロニアルからコロニアルへの葺き替えが       やりやすくなっています。

 

既存の屋根を撤去せず、上から新たな屋根材を重ねることを          重ね葺き(カバー工法)と呼ばれます。

コロニアルは重ね葺きに向いており、屋根が2重になるため、耐久性が増し、  また葺き替えよりも安くすみますが、重ね葺きした後に葺き替えをすると    工事費が高額になってしまう欠点はあります。

 

コロニアルの屋根にガルバリウム鋼板を重ね葺きすることも多く、       ガルバリウムは金属材ですが、軽量で重ね葺きに向いている屋根材です。    ジンカリウム鋼板でも可能です。

お問い合わせ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-517-910

実際にお客様のご自宅、現場を見ながらの直接の相談見積りの提示などはすべて無料です。ご契約成立まで一切お金は発生いたしません。

お手数ですがお電話の際には        「ホームページから」とお伝えいただければ 大変ありがたいです。

 

受付時間:8時から18時まで

休業日:日曜日