神奈川、埼玉、千葉、栃木で住宅リフォームなら

株式会社アールウィル

【柏店】 千葉県柏市若柴178ー4
     柏の葉キャンパス148街区2ショップ&オフィス棟6階

【松戸店】千葉県松戸市三ヶ月1494-105

【市原店】千葉県市原市五井東2-14-9-204

【桶川店】埼玉県桶川市五町台30-4 

【厚木店】神奈川県厚木市旭町1‐21-12三紫ビル3D

【足利店】栃木県足利市西砂原後町1168-5

受付時間
8時から18時まで
休業日
日曜日

ご予約・お問合せはこちらへ

0120-517-910

キッチン(台所)

このページの目次

キッチンの高さ                              キッチンレイアウト(配置図)                        ・I型                                  ・II型                                 ・L型                                  ・U型                                 キッチン器具                                ・水洗器具                                ・収納                                  ・                                   ・照明                                 各種製品案内 (外部リンク)

キッチンの高さ

一般的に、適切なキッチンの高さは(身長÷2+5)cmとされています。   身長が 160cm の場合は、85cm となります。            低すぎる場合には腰を曲げて作業しなければならず、             高すぎる場合にはフライパンや鍋の移動などで高く持ち上げる必要があります。

 

キッチンは1つの作業をするのではなく、食器洗い、調理、加熱など      さまざまな作業をおこなう場所です。                    キッチン全てをフラットな状態にならしてしてしまうのではなく、       作業にあった高さにすることが望ましいです。         

 

立って作業をする場合、コンロの高さを調理台、流し台と同じ高さにすると、  五徳(鍋などを置くための器具)が数cm上にはみ出している状態になります。 底の深い鍋は移動の際にかなり高くまで持ち上げる必要があります。      動作を楽にするためには、IH調理器を使用するか、             あるいはガス台を調理台、流し台より数cm低くすることが望ましいです。

 

車いすに乗った状態、またはいすに座った状態での作業では          流し台や調理台の下に収納があるとひざがあたってしまい、          前かがみ姿勢になったり、キッチンと距離ができてしまいます。        収納を減らすことで調理台の下にスペースをつくったり、           また流し台は一般的に 18cm の深さがありますが、           これを浅くすることでスペースができ、ひざを下にいれることができます。   

キッチンレイアウト(配置図)

・I型

壁付けI型

 

ペニンシュラ(半島)I型

 

キッチンレイアウトのなかで、壁付けI型は背面をすべて空間として使えます。 流し台、調理台、ガス台が一列に並んでおり、                調理の際の動線が短くすみ、車いすでも広く空間が使えます。         また、リビングにある食卓も調理中に使用することができます。        欠点としては、調理中にはリビングにいる人に背を向けてしまうことです。

 

ペニンシュラ(半島)I型のキッチンは、移動スペースがキッチンと壁で    はさまれた形になっています。                       この空間を十分広くとれば、車いすでの使用も支障なくおこなえ、       スペースがあれば、壁際のほうに食器棚などの収納を設置することもできます。 調理中は、キッチン前面に壁がなければリビングの人と対面で話せます。    また、手元だけを隠すカウンターをとりつけたり、              コンロ側だけを壁で隠すこともできます。

・II型

アイランドII型

 

壁付けII型

 

II型のキッチンは、一方に調理するための機能をそなえ、          もう一方は配ぜんや材料置き場としての機能があるものです。

 

アイランドII型のキッチンは、壁付けI型のキッチンに           もう1つの調理台、または材料置き場としてのスペースを設けたもので、    複数人での作業も効率的におこなうことができます。             車いすでの使用時も、移動の際に左右にぬけていくことができます。

 

壁付けII型のキッチンは、3方向が壁でかこまれた形になっています。    車いすでの方向転換の場合、スペースを広くとる必要があり、         作業動線がながくなってしまうことになります。               キッチン下のひざ入れスペースを設けることによって2つの台の幅を      せばめても大丈夫になります。                       どちらかの台の前面の壁がない場合は、ペニンシュラ(半島)II型になります。

・L型

L型

 

L型のキッチンは、壁の角を利用してLの形に設置されたキッチンです。    広いスペースを利用することができ、壁付けI型と同様に背面の        リビングを活用することができます。                    車いす使用者にとっても、L型は作業効率がよいキッチンの形です。

・U型

U型

 

U型のキッチンは、広い調理台を利用でき、                 調理したものを置いておくためのスペースや材料を置くスペースとして     活用すれば、調理時の動く範囲や動作の数をへらすことができます。      車いすでの利用のためにはキッチン下のスペースをあけておくことが      望ましいです。                              一部の調理台を作業用として、キッチン下にスペースを設け、         あとの調理台をものを置くためのスペースとすれば、             収納をキッチン下に多くとることも可能になります。

キッチン器具

・水洗器具

水洗器具は、まわすタイプのものよりも、レバーハンドルタイプが望ましいです。操作が簡単で、レバー上げ下げによって水量の調整をし、           レバーを左右に移動させることによって水温の調整をするものよいです。

 

店舗や施設等でみられるセンサー式自動水洗器具も有効ですが、        ものを洗う場合に、その位置を水の出口付近にずっと維持しなければならない  のが欠点です。

・収納

車いすや、いすに座って作業するためのキッチン下のスペースのためには    収納をへらさなければなりません。                     キッチン下ではなく、食器棚と一緒に調理器具などをしまう棚を用意したり、  あるいは、昇降が可能な吊り戸棚の設置も有効です。             また、ゴミを処理するためのスペースをきちんと確保しておくことも大切です。

・床

キッチンの床というのは、水や油が飛んでしまったりと汚れやすく、      水によって滑りやすくもなってしまいます。                 油汚れがくっつきにくく、掃除しやすい床材にすることが望ましいです。    また、皿などを扱うためクッション性をもった素材も有効です。        ものを落としたときに傷つきにくく、立ち作業でも足裏への負担を軽減します。

・照明

高齢者の方など視力が衰えてしまった場合、                 一部分が陰になってしまったり、自分の体で陰をつくってしまうと       刃物を扱うので危険性が増してしまいます。                 できる限り暗い場所をつくらないように、キッチンの真上からの照明や     手元を照らしてくれる照明を設置することが有効です。

各種製品案内 (外部リンク)

ここに紹介する製品はごく一部です。                    この他にも製品は各メーカーたくさんございます。

 

LIXIL キッチン エルライフ (車いす対応)                  

TOTO キッチン水栓金具 タッチスイッチタイプ

 

DAIKEN 床材 ッチン専用フローリング キッチンケア

お問い合わせ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-517-910

実際にお客様のご自宅、現場を見ながらの直接の相談見積りの提示などはすべて無料です。ご契約成立まで一切お金は発生いたしません。

 

受付時間:8時から18時まで

休業日:日曜日